>

依頼人の悩みを解決する

たくさん考えることで答えがわかる

いろんな視点から考えることで、正しい答えを導き出すことができます。
最初から、答えを決めつけないでください。
自分で調べた調査結果をよく見ると、大きなヒントが隠されているかもしれません。
固定概念は捨てて、たくさん考えましょう。
洞察力を磨くことも、探偵の仕事に欠かせないことです。
何事も注意深く見なければ、情報を入手できません。

相手の服装や仕草などは、とても大きな情報になります。
気になったことは、メモに残しておくと良いですね。
頭の中で覚えようと思っても、情報量が多いと忘れてしまいます。
探偵になったら、メモに残す習慣を身に付けてください。
考えがまとまらなくて行き詰った時に、メモを見ると結論が出ることも多いです。

脳を鍛えるトレーニング

どんなことをすれば、探偵に必要な考える力を伸ばせるのでしょうか。
脳を柔らかくすることでいろんな視点から物事を見つめることができます。
ですから、脳トレをすると良いと言われます。
頭を使う問題を解くことが、スキル向上に繋がります。
日頃から、脳トレに挑戦してください。
勉強していれば、最初はできなかった問題も解けるようになります。

常に脳を柔らかい状態にしてください。
すると普段は気にならないことも、気になるかもしれません。
それが事件の謎を解く、ヒントになることがあります。
客観的になったり、主観的になったりすることが大切です。
物事の捉え方は、1つではないと理解してください。
正しい答えを出して、依頼人に報告しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る