>

わかりやすく依頼人に伝えよう

文章でわかりやすく伝えなければいけない

ほとんどの探偵は、報告書というものを作成します。
それを依頼人に渡して、納得したら依頼が終了になります。
きちんと調査をしたのに、報告書の作り方が悪くて依頼人に結果が伝わらないことがあるので気をつけてください。
すると再び調査を命じられたり、納得してもらえません。
トラブルが起こると、悪い噂が広まります。

探偵の腕前が悪いとまで言われるかもしれません。
評判が悪い探偵には、依頼したくありませんよね。
ですから次第に、依頼人がいなくなります。
最初から報告書を丁寧に書いていれば、そんな結果にはなりません。
探偵には文章作成能力が必要だと知って、前もって勉強しておきましょう。
勉強すれば、うまく文章をまとめられるようになります。

普段から文章を読もう

探偵になるなら、文章を読む習慣を身に付けることをおすすめします。
読んでいれば、言葉や文法の正しい使い方、考えのまとめ方を勉強できます。
自然に文章作成能力が身に付くことはあり得ません。
しっかり勉強しないと、探偵に必要なレベルまで到達しないでしょう。
新聞や小説を読んでください。
それらを読むことが、最も良い勉強になります。

時間が空いたら、文章を読むことを心がけてください。
調査の合間に読むことで脳をリフレッシュできるかもしれません。
ずっと脳を使って考えていると、疲れてしまいます。
適度に休憩を挟みながら考えた方が、意見がまとまりやすいでしょう。
探偵の仕事を成功させられるよう、必要なスキルをそれぞれ磨いてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る